目の健康チェック

初めてコンタクトレンズを使うという方は、必ず目の健康状態に気を付けるようにしましょう。目に直接レンズを入れるコンタクトレンズは、目に入れる段階で目を傷つけてしまったり、雑菌がついて病気を引き起こしたりと、目になんらかの異常を引き起こすことも多く、ひどいときには視力が極端に低下し、ほとんど見えなくなってしまうこともあります。より確実に目の健康を守るためにも、健康チェックは必ず欠かさないようにしましょう。

初めてコンタクトレンズをつけると、涙が止まらなかったり、目がごろごろするといった違和感が出ることもよく耳にします。これらの症状については、正しくコンタクトレンズを入れることができていれば、それほど深刻なものではありません。ソフトレンズならそれほど時間をかけずとも馴染んでいきますし、ハードレンズでも数時間経てば異物感もなくなり、違和感なく生活することができるようになるでしょう。

コンタクトレンズを入れた後に違和感が強く出たという方の中には、その前から目の病気にかかっている可能性もあります。コンタクトレンズをつけていると、病気の治りが遅くなってしまうといわれているので、目の異常が治るまでは、コンタクトレンズを使わずに生活したほうが良いでしょう。目の病気については、眼科で前もって検査しておけば、早期発見ができるうえ、自分に合うコンタクトレンズを処方してもらえるので、コンタクトに初めて挑戦するという方はもちろん、普段からコンタクトレンズを愛用しているという方も、定期的に診断を受けて目の健康状態を確認するようにしましょう。フォーチュンコンタクト