医師の診断

初めてコンタクトレンズを購入するという方は、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。実はコンタクトレンズは医師の診断のもと購入するなどの義務がなく、自分で適当にコンタクトレンズを選んでも、法律上は何の問題もありません。そのため医師の診断を受けるのが面倒で、自分で度数を調べてコンタクトレンズを購入するという方も多いのですが、そのせいで間違った知識からコンタクトレンズを使い、目を傷つけてしまう方が大変多いので、必ず医師の診断は受けるようにしましょう。

眼科医による目の診断は、目の度数を調べたり、現時点での目の状態をチェックします。度数を正確に把握し、度数がぴったり合うコンタクトレンズを買わないと、目のピントが合わず、視力の改善につながらないばかりか、かえって視力が落ちてしまうので注意が必要です。更に目の病気があった場合、コンタクトレンズを付けると病気の回復が遅れたり、病気がより悪化することも多いので、確実に健康な目を取り戻すためにも、コンタクトレンズをつける前にきちんと病気を完治させることを優先しましょう。

眼科でコンタクトレンズを使うための検査を受ければ、目の状態をチェックするとともに、コンタクトレンズについての正しい知識を身につけることができます。これからも目を大事に使い続けるためにも、コンタクトレンズを初めて使う際は、医師の指導をきちんと受けましょう。フォーチュンコンタクト