目のケアに関する知識

コンタクトレンズを初めて使うという方は、使った後のお手入れや目のケアについても学んでおきましょう。コンタクトレンズは、使えば使うほど汚れが蓄積していき雑菌が繁殖します。当然コンタクトレンズが入っている目にも雑菌が移り、細かい傷などに入り込んで炎症を起こすなど、様々な病気に発展する可能性も出てくるので、コンタクトレンズを使ったら、必ず外してお手入れを行うようにしましょう。

コンタクトレンズのお手入れは、ハードレンズとソフトレンズによって異なります。ハードレンズの場合は、つけおき専用の洗浄液に指定された間だけつけておいたり、こすり洗い用の洗浄液をつけて、指先で軽くこするように磨いた後、水やぬるま湯で洗浄液を洗い流します。ソフトレンズの場合は、専用の洗浄液を使って軽くこすり洗いをし、すすぎ液で洗浄液を取り除いたら、専用のレンズケースに保存液を入れたものに入れて保管します。使い捨てタイプは洗浄せずに廃棄して、新しいものを使えば、いつでも綺麗なコンタクトレンズを使うことができます。

コンタクトレンズは、基本的に使わないときは外すようにしましょう。付けっぱなしにしていると、レンズが目にくっついてしまい、雑菌の繁殖を促したり、癒着して角膜まではがしてしまい、最悪の場合失明になってしまう可能性が出てきます。コンタクトレンズを外した後の目は、多少雑菌などがついていることもありますが、異常がない限りは涙による自浄作用で綺麗にすることができます。もし不安になったときは、涙の成分に近い専用の点眼液が売られているので、そちらを使うと良いでしょう。